1. HOME
  2. 仲違い
  3. 離婚
  4. 結婚したばかりだが離婚したいときの対処法 | この結婚は失敗だったと悟った時にできること
離婚

結婚したばかりだが離婚したいときの対処法 | この結婚は失敗だったと悟った時にできること

離婚

7

この記事を読めば分かること

1. この結婚は失敗だったと悟ってしまうきっかけ

2. 別れるべきかどうかの判断基準

3. 結婚後すぐ離婚したいなら別れを告げるべき理由

4. 結婚したばかりで別れる時にするべきこと

5. 結婚後に別れを告げる際の注意点

どうも、鬼龍です。

  • 結婚したばかりだけど、離婚がしたい
  • この結婚は失敗だったと悟った時に考えるべきことは?
  • 別れる際にどんなことに気をつけるべきか?

このように、結婚したばかりだけれども、一緒に暮らすと離婚したくなったと考える女性向けの記事です。

結婚してから男性の本性が見えて、そこから別れたいと思ってしまう場合にはどうしたら良いのか?

恋愛と同棲・結婚は全く異なるもので、一緒に住み始めて相手のよくない部分が目につき、結果的に結婚が間違いだったと悟る女性は多いです。

そこで、今回は、結婚したばかりだが離婚したいときの対処法を解説します。

1. この結婚は失敗だったと悟ってしまうきっかけ

最初に、この結婚は失敗だったと悟ってしまうきっかけを紹介します。

その1:価値観が違いすぎた

この結婚は失敗だったと思ってしまう1番の要因は、価値観の違いです。

例えば、家の中を裸で歩くことが当たり前と考える人と、家の中で裸でいるのはありえないと考える人だと、後者の人であれば、前者をデリカシーがない人と思います。

他にも、両親が厳しい家庭で育った人と、甘やかされて育った人とでは、前者が後者のなんでもやってもらえるというスタンスでいることにイライラを隠すことができません。

特に、恋愛の段階ではお互いの良い部分だけでお付き合いできましたが、結婚すると、私生活を共に曝け出すことになり、その際に、価値観が違いすぎると別れる原因になってしまいます。

その2:不倫

次に、不倫です。一般的な常識では、浮気や不倫はやってはいけないという風潮があります。特に女性は妊娠出産の際には働けないので、男性が頼りになるので、男性には一途でいてほしいと思う人が多いです。

しかし、男性が不倫をしていたり、他の女性と頻繁に飲み歩くような人であると、女性は幻滅します。

もっとも相手が不倫をしていても、そのまま付き合う女性もいますが、大切にされていないと感じてしまうと、夫に不満を感じずにはいられません。

その3:セックスレス

次に、セックスレスです。恋愛の段階では、定期的に性行為をしていても、普段から一緒にいるようになり、気付いたらセックスレスになっていたということは少なくありません。

睡眠欲や食欲と並んで、性欲は人間の3大欲求の一つなので、それが満たされないと、不満に感じてしまいやすいです。

もしも早い段階でセックスレスになっていると、今後再び頻繁にセックスをするのは、余程のことがない限り難しいです。

その4:致命的な問題が明らかになった

次に、結婚後に致命的な問題が明らかになった場合です。例えば、男性が借金を隠していたり、難病を患っていたり、そういった欠点を隠して結婚する男性もいます。

他にも、暴力気質を持っていたり、モラハラ気質を持っていることも少なくありません。DV男やモラハラ男はよく聞きますが、恋愛の段階で見抜けていない女性がそれだけ多くいるということです。

表ズラが良い男性の場合は、そういったマイナスの特徴を持っていても、彼女を作り結婚できてしまうわけです。

そして、結婚後に、そのような問題が発覚して、金銭的、時間的、精神的、身体的な負担がかかるようなことがあります。

2. 別れるべきかどうかの判断基準

それでは、ここから別れるべきかどうかの判断基準を紹介します。

その1:相手に想いを伝えて相手が変わるか?

まず自分の想いを伝えて相手が変わるかどうかをチェックしてください。言われたことを改善できる男性であれば、この先も一緒にやっていける余地があります。

逆に、言われても変わろうとしないタイプであれば、変わらない可能性が高いです。仕事などお金で強制力が働いているなら人はいうことを聞きますが、そうではない場合は、なかなか人はいうことを聞きません。

残念ながら人は人を変えることはなかなかできないのが実情です。相手が変わらないのであれば、別れることを検討すべきです。

その2:メリットとデメリットを天秤にかけて大丈夫か?

次にメリットとデメリットを天秤にかけてみることです。

例えば、その男性の年収が良いものの、デメリットとしてモラハラ気質だとします。もしもあなたがモラハラ気質の男性であっても、年収のメリットを考えてうまく相手の理想に合わせて動けると、あなたにモラハラすることは少ないので、一緒にいれるでしょう。

逆に低年収で、かつ、モラハラ気質だとすると、自分がねじ曲げてまでのメリットがないので、お付き合いすべき相手ではない可能性があります。

その3:自分が考え方を曲げて許容できるか?

自分が考え方を曲げて許容できるのかを考えてみるのも一つです。

例えば、相手が不倫をする男性だとします。あなたは一途な男性が良いと考えていたとして、その際に、不倫をするような男でも許容できるならこれからも一緒に付き合っても良いでしょう。

逆に、私だけを向いて欲しいというのであれば、その男性と一緒にいることが間違いになります。

3. 結婚後すぐ離婚したいなら別れを告げるべき理由

結婚後にすぐ離婚したいと思うなら、先ほどの3つを検討した上で、すぐにでも別れを告げるべき理由を解説します。

その1:子どもがいると別れられないから

まず、子どもができると別れにくくなるからです。シングルマザーとして子供を育てるのはなかなか難しいです。

親のサポートがあったり、今の男に稼ぎが十分にあり、養育費をしっかりともらえるなら良いですが、親にも頼れない、男の稼ぎも当てにならない場合は、子どもができた時に分かれにくくなります。

その2:年齢を重ねると新しい出会いに繋がりにくいから

次に年齢を重ねると、新しい出会いに繋がりにくい傾向があります。一般的には恋愛や婚活市場では、女性は20代がモテますが、30代以降になると、なかなか異性から求婚されにくいです。

特に子どももいる場合は、責任も伴うことになるので、避けられる傾向があります。

そのように考えると、年齢を重ねてから離婚する場合は、そのあとは生涯独身という可能性もありえます。

結婚してすぐであれば、そのタイミングがもっとも若いので、再び恋愛をやって結果がでやすいです。

その3:これからの時間が不幸になるから

次に、これからの時間が不幸になるからです。妥協して関係を続けることも可能ですが、妥協をするというのは、どちらかが我慢をすることになるので、精神面でよくありません。

喧嘩が絶えない関係になると、気づくとパートナーを見た瞬間に生理的に無理という状況になってしまうことさえあります。

そのように考えると、いつまでも納得のいかない相手と一緒にいることは不幸でしかありません。

4. 結婚したばかりで別れる時にするべきこと

それでは、結婚したばかりで別れる時に行うべきことを解説します。

その1:事前に離婚のために必要な書類を役所に提出する

最初に、離婚のために必要な書類を調べて集めます。離婚協議、離婚調停、離婚裁判の3つがありますが、話し合いで終わる方がお金が掛からないので、当事者同士で行う離婚協議を行います。

離婚の話し合いには、特に法律上のルールはありません。

ポイントとしては、離婚の条件(親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割)について、うまく折り合いがつくように話す必要があります。

尚、もしもお金に余裕がある場合には、弁護士に相談しても良いです。

そして、話し合いがまとまったら、離婚協議書を作ることをお勧めします。言った、言わなかったという後での揉め事をなくすためです。

そして、離婚届の書類を用意して、パートナーに必要事項を執筆してもらい、役所に提出します。提出先はどの市町村役場でも構いません。ただし、本籍地以外の場合は戸籍謄本が必要です。

その2:引っ越しや新しい住まいの準備・実行をする

次に引っ越しや新しい住まいの準備をします。状況にもよりますが、多くのケースでは、離婚を決意した段階で別居します。

相手との離婚を決意しているのであれば、一緒に生活するメリットよりもデメリットのほうが大きくなるからです。

別居する際には、どちらが出ていくのかを検討する必要があります。また、家具や家電などの分配が必要です。ないものに関しては新しく購入する必要があります。

離婚前に別居した場合、婚姻費用についても検討する必要があります。収入が多い方が少ない方に対して、生活費を支払います。

収入が少ない妻が夫の反対を押し切り一方的に別居しても、婚姻費用を請求できます。

なお、DV・モラハラなどの被害に遭っている場合は、この作業は絶対に必須です。

5. 結婚後に別れを告げる際の注意点

結婚後に別れを告げる際の注意点を記します。

その1:周囲の人の声は参考にとどめる

周囲の人たちの声は参考程度にとどめるようにしてください。例えば、親に相談した場合に、反対されるようなことがあります。

しかし、最終的な決定権は本人にあります。もしも誰かが言っていたからという理由で決断した場合は、うまくいかなかった時に、その人を恨んだりする原因になります。

あくまで大切な決断は自分で行うようにしてください。

その2:お金を事前に貯めておく

離婚をして別れる際には、別居したりする際に、引越し代や賃貸の契約などで、お金がかかります。

なので、結婚したばかりでもしもあまりお金がない場合は、お互いに稼ぎつつ、最低限のお金を作ってから提案することをおすすめします。

その3:暴力を振るう可能性がある場合は音声を録音する

もしも相手が暴力を振るう可能性がある場合は、音声を必ず録音しておくようにしましょう。警察が動くためには、証拠がないといけません。

万が一、身の危険がある場合には、親や親しい知り合いの手助けを借りることも検討してください。

6. まとめ

今回は、結婚したばかりだが離婚したいときの対処法、この結婚は失敗だったと悟った時にできることを解説してきました。

結婚したばかりであったとしても、別れるなら早い方が良いです。もしも違和感があると、これから先ずっと違和感を抱えて生きていくことになります。

もしも相手に言っても変わらないなら、別れることを推奨します。