1. HOME
  2. 仲違い
  3. 別れ
  4. 振ったのに友達でいたい男性心理とは?仲良くしようとする男の対処法
別れ

振ったのに友達でいたい男性心理とは?仲良くしようとする男の対処法

別れ

5

この記事を読めば分かること

1. 振ったのに友達でいたい男性心理

2. 仲良くしようとする男性と居続けることのデメリット

3. 一度振った男性とのお付き合いをやめた方がいい理由

4. 振ったのに仲良くしようとする男の対処法

どうも、鬼猫です。

  • 「別れたはずなのに、頻繁に連絡が来る」
  • 「振ったのに、友達でいようとか言ってくる」
  • 「別れたのに、いつまでも家に遊びにくる」

このように、振ったはずなのに、関係を持とうとしてくる男性心理に疑問を持つ女性向けの記事です。

付き合いをして別れたはずなのに、いつまでもあなたを追い続ける男性は、思っている以上に多かったりします。

そのような振ったのに仲良くしてこようとする男性心理と今後の付き合い方について解説します。

1. 振ったのに友達でいたい男性心理

最初に、振ったのに、友達でいようとする男性心理は何かを見ていきます。

その1:これまでの関係を続けられると勘違いしている

最初に、男性がこれまでの関係を続けられると勘違いしていることです。普通は女性から別れる、女性が振るということは、何かしら男性に欠陥があったために起きることです。

その際に、男性が自分の問題を認識していると、もう関わろうとしなくなりますが、そこまでことの重大性を認識していないと、これまでの関係をこれから先も続けられると考えてしまうわけです。

事実として、女性の言い分をまともに受け止めておらず、別れたのに、その後もそれまでの関係が継続できると錯覚している男性は少なくありません。

女性は別れた場合には、その記憶を他の記憶で書き換える上書き保存がなされますが、男性の場合は、上書き保存ではなく、いつまでも過去の記憶を保持しがちです。

なので、女性と比べると、未練がたらたらで、それまでの関係のままでいられると思っているケースが少なくありません。

その2:また復縁してやり直せると考えている

次に、復縁してもやり直せると考えていることです。先ほども申し上げたように、男性は過去の記憶を簡単に消して、新しい恋に進めなかったり、未練がたらたらなことが少なくありません。

そのため、再び、あわよくば、ほとぼりが覚めると、復縁ができると考えている人も少なくありません。つまり、自分が再び女性に認められると、許してくれて、一緒に、暮らせると考えてしまうわけです。

なので、別れた後も、頻繁にいい男を演じようとしてきたり、できる男をアピールするようなことさえあります。

その3:孤独で誰かに依存しないと居られない

次に、孤独で誰かに依存しないといられないと考えているケースもあります。いわゆる、メンヘラ気質で、相手に構ってもらおうとか、依存していないと考える男性にありがちです。

リアルの社会では、女性であれば優しく扱ってもらえることは少なくないですが、男性の場合は、基本は仕事ができないと叩かれまくったり、割とできない人間に対するあたりは厳しいものです。

女性はそんな男性にエネルギーを与える一面があり、もしもパートナーがいないと、エネルギーを与えてくれる人がおらず、自立していない、依存気質が高い人であれば、依存先を求めます。

別れた際には、その依存気質ゆえに、元カノや元嫁といつまでも関わろうとすることが少なくありません。

2. 仲良くしようとする男性と居続けることのデメリット

では、一度別れたのに、仲良くしようとする男性とのお付き合いについてですが、一緒にいることは、デメリットでしかありません。具体的に考えられるデメリットを解説します。

その1:気持ちを新たにできない

一つ目は、気持ちを新たにできないことです。一度別れたら、本来なら新しい世界の始まりになるはずですが、もしも過去に付き合っていた男が頻繁にあなたと接点を持とうとすると、それまでの関係を頻繁に思い出すことになってしまいます。

実際に、離婚したけれども、これからも友達でいたいと言って、週に1回くらいのペースで家に来るという男性がいましたが、これだと、別れた意味がありません。

その2:ストーカーになることがある

続いて、いつまでも友達でいたいと言いつつ、あなたをストーカーするようなことがあります。特に、執着が強い男性であれば、執拗に追いかけてきたり、頻繁に付きまとったり、電話を何度もかけてくるなんてことさえあります。

もちろん、そういう行為は警察沙汰になりかねないわけですが、場合によっては、元自分の女だった人を永久に自分のものにしたいという動機から、殺人などの事件に発展することさえあるわけです。

その3:弱い男に力を与えても何も生み出さない

3つ目は、弱い男に力を与えても何も生み出さないからです。本当に魅力的な男性であれば、そもそもあなたは手放すようなことはしないでしょう。

逆に言えば、振るということは、一緒にいることが耐えられなかったということの裏返しでもあります。ということは、あなたがすでにその男性を男として見ていません。

多くの男性は女性にアプローチしますが、その背景には、男性は女性からパワーをもらえるからです。仕事などが戦いの場であれば、そこで力を出すには、エネルギーを与えてくれる存在が重要です。

勝利の女神という言葉がありますが、男神ではなく女神なのは、現場で戦うのは男性ですが、女性が後ろから支えるからでもあるわけです。

そう考えると、弱い男にエネルギーを分け与えることが正しいかと言われるとそうではないでしょう。振ったということは強い男とはみなせていないわけで、その男性に力を与えても、何か生み出せるかというと言い難いと言わざるを得ません。

3. 一度振った男性とのお付き合いをやめた方がいい理由

次に、一度振った男性とのお付き合いをやめた方がいい理由を解説します。

その1:人間の本質は変わらないから

一つ目は、人間の本質は変わらないからです。

例えば、男性が自分の話はするけれども、あなたの話を聞いてくれないタイプで、それがきっかけで喧嘩して、振った場合を考えてみます。その場合、いくらやり直しても、また同じような出来事が起きる可能性が高いです。

仕事でもそうです。できない人が急にできるようになることは、入社してから早いタイミングであれば起こり得ますが、長年働いてできない人はできないままです。

もしもあなたが過去に辞めて欲しいと言い続けて、それを繰り返してきたなら、それが変わる可能性は低いです。言葉では、やると言っても、行動で示せない人はいつまでも示すことができません。

その2:他に魅力的な男性と出会える可能性が高いから

次に、他に魅力的な男性と出会える可能性が高いからです。世の中には、その元々のパートナー以外にも、男はたくさんといます。

つまり、その男性よりも魅力的な男性だって普通に存在するわけです。であれば、その男性と縁を切り、新しい男性との出会いを求めた方が、結果的にそもそもの悩みを抱えずに済む可能性が高いです。

実際に、1回目の結婚で離婚して、2回目の結婚で幸せなパートナーを手にできた女性は、存在しますし、その方が幸福感が高くなります。

そう考えると、一度振ってしまうレベルの男性と関係をこれからやり直そうとするよりも、他の魅力的な男性との出会いを求めた方があなたの人生にとってプラスになる可能性が高いです。

その3:依存されると離れられなくなるから

次に、依存されると、そこから離れるのが困難になるからです。別れを切り出して、その後も頻繁にやってきたり、会話をしようとしたりしていると、それが当たり前になって、結果的に離れることが難しくなります。

仮にいざもう縁を切ろうと言っても、冗談を言って流されたり、無視されたりします。また、そんな依存してくる男性に優しくして、それで女性が自己肯定感を満たしてしまうと、簡単に切ることができません。

4. 振ったのに仲良くしようとする男の対処法

それでは、振ったのに仲良くしようとする男の対処法を最後に解説します。

その1:絶交を告げ縁を切る

一つ目は、絶交を告げて、縁を切ってしまうことです。「もう2度と関わるな」と言って、連絡先も消して、ラインもブロックしてしまいます。

そして、リアルで出会う機会があっても、基本的には素通りするようにします。無視を徹底して、2度と関係を持とうとしないことです。

最初は絡んでこようとすることがあったとしても、これを続けていると、だんだんと相手もアプローチしても、構ってくれないので、結果的に心の距離が離れていきます。

その2:遠くに引っ越しして縁を切る

次に、遠くに引っ越しして縁を切ってしまうことです。特に元パートナーが暴力的な気質を持っているのであれば、相手に存在を悟られないように、遠い場所に引っ越しして、相手の視界から消えてしまうことを推奨します。

デメリットとしては、それまで培ってきた人間関係などが一気になくなってしまったり、新しい土地で賃貸を契約するなどの手間がかかってしまうことが挙げられます。

ただし、相手の執着心が強かったり、ストーカーや殺人などの犯罪気質がある場合には、この方法が最も安全です。

その3:他の男性とお付き合いする

最後に、他の男性とお付き合いしてしまうことです。

特に、元パートナーであった男よりも、優っている男性とお付き合いをしてしまうと、その男性から守ってもらうことができますし、元パートナーもその男ほどの実力がないことから諦める可能性が高いです。

お付き合いすると、新しい男からすると、ストーカーで追いかけてくる男なら何かしら対策しようとしてくれるでしょうし、強く2度と関わらないことを告げることで、相手が弱い男ならすぐに諦めることになるでしょう。

5. まとめ

今回は、振ったのに友達でいたい男性心理、仲良くしようとする男の対処法を解説していきました。

結論、一度振ったのであれば、人間の本質はそうそう変わるものではないので、別れて新しい出会いを求めることをおすすめします。

もしも前の男よりも魅力的な男性と結ばれると、その男性のレベルの違いを比較しながら、幸福感を感じやすいです。